グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の出し方

こちらの記事では、グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の出し方について紹介したいと思います。
まず、グーグル広告(Google広告・アドワーズ)を出すには「Googleアカウント」と「Google広告アカウント」の2種類のアカウントが必要となり、「Goolge広告アカウント」を作成するには「Googleアカウント」が必要となります。
こちらの記事ではアカウントの作成から、広告出稿までの概要をご紹介します。

1.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の出稿準備

(1)Google広告アカウントの作成

Google広告アカウントはGoogle広告を利用するために作成する広告専用のアカウントです。Google広告アカウントは、キャンペーンや広告グループを作成し、広告を配信するための必須アカウントとなります。アカウントの作成方法は「グーグル広告(Google広告・アドワーズ)のログイン方法について」の記事をご覧ください。

(2)広告コピー、素材やランディングページの準備

次に広告として表示する「広告コピー」や「画像」などの素材準備となります。こちらは広告として表示されるキャッチコピーなど、クリエイティブと呼ばれるものです。検索したユーザーの興味を引きつけて、広告をクリックしてもらい、ランディングページやアプリのダウンロードなどを誘導する魅力的で明確なメッセージを伝える内容が重要です。もちろん、ゴールとなるランディングページやアプリなども準備しておく必要があります。

2.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の設定

(1) キャンペーンの作成

キャンペーンはGoogle広告の全体を管理するための単位となります。キャンペーンは広告グループの上層に位置し、入札単価、予算、ターゲット、配信期間など、広告運用の基本的な要素を設定します。キャンペーンは複数作成できるため商品やサービス、予算、ターゲットなどのカテゴリごとに分類・管理するのが一般的です。
例えば検索結果で広告を表示したいという場合、キャンペーンのタイプで「検索」を選択します。
キャンペーンでは以下の設定をします。

キャンペーン名
キャンペーンを識別する名前を設定します。
目標
キャンペーンの目的や成果指標を設定します。
ネットワーク
広告の表示先を選択します(検索結果、ディスプレイ、動画など)。
地域
広告の表示対象地域を設定します。
予算
キャンペーンの広告費用の上限を設定します。
入札単価
キーワードごとの入札価格を設定します。
配信期間
広告の表示期間を設定します。

設定するキャンペーンのタイプは以下があります。

検索キャンペーン
検索結果画面に表示されるテキスト広告です。特定のキーワードを狙う広告に適しています。
ディスプレイキャンペーン
テキスト、画像、動画を表示できる広告で、多様なWebサイトに配信されます。
動画キャンペーン
YouTubeなどの動画プラットフォームに出稿できる広告です。
スマートアシストキャンペーン
自動で広告が配信される簡易な設定のキャンペーンです。
アプリキャンペーン
アプリのダウンロードを促進するための広告です。
ファインドキャンペーン
画像とテキストで作られた広告を出稿できるキャンペーンです。
ショッピングキャンペーン
商品を直接表示する広告です。

(2)広告グループの作成

次に広告グループの作成をおこないます。広告グループはGoogle広告キャンペーン内のさらなる詳細なセグメントであり、キャンペーン内の広告を管理するための単位です。広告グループは具体的なキーワードなどの設定をおこなうため、広告を表示する対象を決定する重要な要素となります。
広告グループでは以下の設定をおこないます。
・広告グループ名: 広告グループを識別する名前を設定します。
・キーワード: 広告グループごとに対象となるキーワードを設定します。キーワードは広告の表示対象を決定する重要な要素です。
・広告: 広告グループ内で表示される広告を作成します。テキスト広告、画像広告、動画広告などが含まれます。
・入札設定: 広告グループごとに入札価格を設定します。これはキーワードごとのクリック単価を指します。
・配信設定: 広告の表示タイミングや頻度を設定します。例えば、特定の時間帯や特定のデバイスでの表示を制御できます。

(3)審査がおこなわれます

最後に、GoogleによってGoogle広告の内容について審査が行われます。こちらの審査は広告を出稿する際におこなわれる大変重要なプロセスです。この広告審査は、Googleがユーザーに適切で安全な広告を配信するために、ポリシーの違反などを確認します。審査される内容は「広告の見出し」「説明文」「キーワード」「リンク先」「画像や動画」などです。ポリシー違反が確認された広告は、ステータスが「不承認」と表示されて、どこにも広告を掲載できなくなります。広告主はこのポリシー違反に対して、内容の確認と対処が求められます。
以下が、広告審査の主な内容です。

  • 広告の作成や編集をすると、審査プロセスが自動的に開始します。
  • 広告内の「広告の見出し」「説明文」「キーワード」「リンク先」「画像や動画」が審査されます
  • 審査を通過した広告はステータスが「有効」に変わって、広告掲載がスタートします。
  • 通常は1営業日程度で審査が完了しますが、時間がかかる場合もあります。
  • 広告内容にポリシー違反が見つかった広告は承認されず、掲載できません。掲載をする場合はポリシー違反の内容を確認し、対処をおこなう必要があります。

3.つくって終わりではないグーグル広告(Google広告・アドワーズ)

(1)Google広告の運用と管理

多様な広告キャンペーンでユーザーの検索クエリや興味にもとづいて広告表示ができるGoogle広告は、他の広告媒体と比較して費用対効果が優れていると言われています。具体的には、ニーズが顕在化しているユーザーや、潜在的ニーズのユーザーに広告することで、的確なアプローチが可能です。
ですが、業務で普段から操作をおこなうなどの習熟する機会があれば操作を困難と感じなくなりますが、多数のビジネスオーナーさまが管理をされる機会は少ないのではないでしょうか。実際、担当のスタッフを雇ってGoogle広告の運用管理や代理店にGoogle広告の運用管理を依頼しているビジネスオーナーさまも多数いらっしゃいます。

まとめ

以上、こちらの記事ではグーグル広告(Google広告・アドワーズ)の出し方について紹介しました。
グーグル広告(Google広告・アドワーズ)はさまざまな商品・サービスにおいて、売り上げの向上、来店者数の増加などの成果が期待できます。
ですが、グーグル広告(Google広告・アドワーズ)を出稿するだけでなく、運用と管理をおこなわなければなりません。
必要に応じて、Google広告自体を自社管理でおこなうのか、広告を広告代理店に委託するというのも検討が必要です。
そのように検討する際は無料のMyタウンページへの登録がおすすめです。
Myタウンページへの登録をいただくと、ウェブ解析士・SEO検定1級などの資格を持った担当者に
無料でWebマーケティング相談をしていただけます(1会員さまにつき月1回まで[30分/回])。

詳しくは無料会員登録のうえ、お問い合わせください。

・グーグル広告(Google広告)はGoogle LLCの登録商標または商標です。