グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の費用

こちらの記事では、グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の費用について紹介したいと思います。
Google広告の種類については「グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の出し方」で記載しておりますがさまざまな広告タイプがあると紹介しました。では、これらの広告タイプを出稿したときに、どのように費用が発生するのかを説明します。

1.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の費用が課金される主な仕組み

(1)クリック課金型(Pay Per Click)

クリック課金型は広告主がウェブサイト上で掲載した広告が、ユーザーによってクリックされた際に、広告主がGoogle社に支払う広告料金の仕組みです。クリック課金型は、クリックされることで費用が発生するため、広告費用が無駄となりにくいことがメリットとなります。広告がクリックされるタイミングは主に、ユーザーが広告内容に興味をもった場合となるので、費用対効果が高い課金の仕組みと言われています。
こちらの仕組みはGoogle広告にかぎらず、Bing広告やYahoo広告などのプラットフォームで広く利用されています。

Google広告でクリック型課金が利用できる主な広告キャンペーンは以下となります。

  • 検索広告(リスティング型)
  • ディスプレイ広告(Googleディスプレイネットワーク)
  • 動画広告(Youtube)
  • ショッピング広告
  • アプリキャンペーン(GooglePlay)

(2)インプレッション課金型(Cost Per Mile)

インプレッション課金は広告主がウェブサイト上で掲載した広告が、表示されるたびに支払う費用が発生する広告料金の仕組みです。クリック課金型とは大きく異なり、この広告がクリックされたかどうかは関係ありません。一般的には広告が1,000回表示されるたびに特定の金額が費用となります。インプレッション課金型は露出を目的としたキャンペーンに利用されるため、ブランドの認知度向上や商品の露出を目的とした、多くのユーザーに広告を見てもらう際の課金型となります。こちらの仕組みはYahoo!広告やFacebook広告、X(旧Twitter)などのプラットフォームでも利用されています。

Google広告でインプレッション課金型が利用できる主な広告キャンペーンは以下となります。

  • ディスプレイ広告(Googleディスプレイネットワーク)
  • 動画広告(YouTube内バナー)

(3)広告視聴課金(Cost Per View)

動画広告(Youtube)の課金については、広告視聴課金(CPV)として広告主が動画を1回視聴されるごとに支払う金額設定を設定します。
例えば広告予算を50,000円で設定して広告視聴課金(CPV)10円の設定した場合、5,000円で広告予算を使いきるとことになります。なお視聴としてカウントされるのは、ユーザーが動画を30秒間(30秒間未満の広告は最後まで)視聴した場合です。または動画に関連するバナーをクリックするなどのCall-to-Actionといった操作をユーザーがおこなった場合に課金されます。課金対象となる動画広告の表示は、他のGoogle広告と同様オークション形式で競り合われることがあるため、競合状況や広告主の予算によって、実際の広告視聴課金(CPV)が変動します。競合が激しい場合、CPVは高くなる可能性があります。

Google広告で広告視聴課金(CPV)が利用できる主な広告キャンペーンは以下となります。

  • 動画広告(Youtube)

2.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の広告予算について

(1)他の媒体広告と比較して、費用対効果が優れている

Google広告は他の広告媒体と比較して費用対効果が優れていると言われています。その理由として、多様な広告フォーマットでユーザーの検索クエリや興味にもとづいて広告表示ができるためです。
これにより、ニーズが顕在化しているユーザーや潜在的ニーズのユーザーに広告することで、的確なアプローチが可能です。例えば検索しているユーザーには検索のテキスト広告、商品を探しているユーザーにはショッピング広告といった広告効果が最大となる費用対効果を見込めます。

(2)柔軟な予算設定が可能

他の媒体では、媒体側がユーザーに届ける供給価格設定をしているため、広告費用は媒体側が設定した価格を基礎とします。これは広告予算の設定について、主導権は媒体側にあるといってよいでしょう。
その点Google広告は、広告主自身で柔軟な広告予算設定が可能です。例えば最低予算は1日あたり1ドルですので、個々のキャンペーンごとに最低1ドルといった予算の設定が可能です。
このように、広告を1ドルからスタートできるため、Goolge広告は柔軟な予算設定を広告主の主導で掲載することができます。

3.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)費用の注意点

(1)広告効果を得るには費用が高額となりやすい

先ほど、柔軟な予算設定が可能であることを説明しましたが、実際に1日1ドルで広告が表示されて集客できるというわけではありません。確かに柔軟な予算設定が出来るとはいえ、広告は表示をされなければ役目を果たせません。
Google広告やインターネット広告の特徴として、オークション形式で広告が表示されるシステムがあります。
人気があるホームページやキーワードに対しては高額の入札価格を提示しなければ落札できません。
こういった競合との競い合いにより広告効果を得るためには、検索広告(リスティング型)ですと1か月20万円~50万円程度が広告費用として必要だと言われています。

(2)グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の管理や費用設定に手間がかかる

次に、Google広告の管理について説明します。Google広告を管理するには予算の設定を当然として、キャンペーンの作成、広告の管理やレポートの管理といった基本的な管理にも複数の操作や設定があります。
業務で普段から操作を行うなど、習熟する機会があれば操作を困難と感じなくなりますが、多数のビジネスオーナーさまが管理をされる機会は少ないのではないでしょうか。
Google広告設定でよく発生するミスは、入札設定のミスです。入札価格の上限設定のモレや、過去設定の見直しがおこなわれなかったため、Google広告の費用が高額になったという例もあります。
そのため、担当のスタッフを雇ってGoogle広告を運用しているビジネスオーナーさまもいらっしゃいます。

4.グーグル広告(Google広告・アドワーズ)の費用を最適化

(1)学習期間で最適化

Google広告には「自動入札」という入札の最適化を促進する機能がありますが、自動入札の戦略を設定、変更をおこなったときに「学習期間」が発生します。これはGoogle広告が最適な入札するために必要な期間で、短くて2週間、長くて3週間です。この期間を利用して入札価格となる費用の最適化を目指します。
実はこちらの学習期間においてはGoogle広告の予算額はほとんど影響がありません。
そのため、Googleが学習期間を経て最適な自動入札を行うまでは試運転として予算を設定し、本格的な運用がスタートするタイミングで予算を設定することで、学習期間を経た最適な入札が可能です。
これにより、不要な入札費用発生を抑制できます。

(2)ランディングページの品質向上

Google広告は入札形式で広告が表示されます。ですが、必ずしも入札価格が高ければ広告が表示されるわけではありません。Google広告が表示される要件に品質スコアという指標があります。この品質スコアは
「表示速度」「一致性」「モバイルフレンドリー」「信頼性とセキュリティ」といったさまざまな要因で決定されます。
この「入札価格」と「品質スコア」のかけ合わせにより、広告表示を落札できます。
つまり落札費用を最適化するために、ランディングページの品質スコアが高ければ高いほど入札価格の費用を下げることが可能ということです。

まとめ

以上、こちらの記事ではグーグル広告(Google広告・アドワーズ)の費用について紹介しました。
グーグル広告(Google広告・アドワーズ)はさまざまな商品・サービスにおいて、売り上げの向上、来店者数の増加などの成果が期待できます。ですが、先述のように「費用の最適化」には習熟の必要がある、または担当のスタッフを雇うなどのビジネスオーナーさまにとって負担が必要となります。
そんな時は無料のMyタウンページへの登録がおすすめです。
Myタウンページへの登録をいただくと、ウェブ解析士・SEO検定1級などの資格を持った担当者に無料でWebマーケティング相談をしていただけます。

詳しくは無料会員登録のうえ、お問い合わせください。

・グーグル広告(Google広告)及びYoutubeは、Google LLCの登録商標または商標です。
・Bing広告は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
・Yahoo!広告は、LINEヤフー株式会社の商標です。
・Facebook広告は、Meta Platforms, Inc.の登録商標または商標です。
・X(旧Twitter)は、X Corp.の登録商標または商標です。

※記事の内容は2024年3月現在です。